咲きほこる

前日の温かな時間を吹き飛ばす勢いで
それは舞い込んできた。
冷静にならないとと思いつつ目の前で出来ることをめいいっぱいこなして
過ぎていった。

人の命に触れることをこの数日体験し
私はきっとそれを上手く咀嚼出来ずにいた。
あまりにもショッキングで、からだも反応していた。

帰宅した私はそれまで必死に動いていて
十分に感じることも出来なかった感情が溢れだし
久しぶりに声に出して泣いた。

あまりに悲しくさびしかったその感情を
言葉にして泣いて吐きだした。

そしてそれが自分自身の感情とはまた
違うものを感じていたのに気づいた。
あ~そうだったんだねぇ。

感情は悪いものではない。
そう感じているのをそのまんまいいよ。出してごらん。
とそっと寄り添ってあげると、安心してその感情は出てきた。

ひとしきり泣いてからは
なぜか松田聖子さんの歌っている姿が見たくなり、
ユーチューブでひとしきり気になるものを見る。

元気あふれる彼女の顔や衣装。
活気あふれるライブ会場の人たちの熱気を感じて
私もそこに参加している気持ちになり
声に出して歌ってみる。
彼女にぴったりの衣装。

人を惹きつける魅力。
彼女そのものが発揮されているからこそ
みている人たちに元気を与える。
そんな魅力がじわじわ私を元気づけてくれた。
そして元の自分に復活。

からださんありがとう~よくがんばってくれたね。
ゆっくりお風呂で読書しながらバスソルトを入れて
じわじわ汗をかく。
ほどいていく作業。

生かされているということ。
生命ってどういうことか。

深く考える機会となった。

寄せ植えのお花たち
今日もお日様に向かってめいいっぱい花を咲かせている。
つぼみから花を咲かせて枯れていく姿。

その咲きほこって役目を終えていく姿がかっこいい。

よし、私もやってやる~。
自分ってものをぜ~んぶ
生かして咲かせていこうじゃないかとまた思うのでした。
[PR]
by tomomoon27 | 2011-12-10 11:40 | 思うこと 感じること
<< 記憶に残る味 わくわく >>