晴ればれ

今朝も早朝にぱちりと目が覚め
明ける朝をキャンドルを灯し、お香のかおりとともに迎えました。

朝日の美しいこと。
からだに聞くとヨガをしたいというので
薄い蒼の色、キャンドルのオレンジの色の中でからだをほぐします。

じんわり各部分に触れて きいていくと
内臓がずいぶん固く緊張してがんばっていたことがわかりました。

じっくりとからだの声を聞いていく時間
ヨガもずっとしたいと思いながらも出来なかったのは
ほぐしてしまうとその場でやっていけなかったからなんだともわかりました。

必死にからだが環境の中で耐えられるようにがんばって働いていてくれたんです。
本当にあちこちにありがとう。ありがとうと触れて声をかけてあげました。

背中や首のかちかちのこりかたまったものは
インフルエンザの明けとともにすっかり流れ
背中はゆるやかで。
これもびっくりしたことだったなぁ。

より自分の声を聞きながら思うままに
やっていくことでどんどん変化するのでしょう。
そのプロセスを大事にみていきたいと思います。

呼吸が楽になるこの感覚。素晴らしいなぁ。

今日から栄養たっぷり酵素ドリンクと共に断食 ファスティングスタートです。
前回のすっきり感を味わっているので
楽しみに。
平行してお片づけもしていくことで
さらに相乗効果がありそうなのでそちらも楽しみ。

すっかり春が近くにきているのですねぇ。
息吹を感じながら日々を大切に過ごしたいと思います。

お日様の力を存分に味わって
お洗濯 掃除
お片づけ、今日は小物編にとりかかりたいと思います。

昨日テレビで究極のシンプルライフをしているタンザニアの家族をみました。

家の中にある所持品を見せて下さいと言ったら。

おなべせっと、風呂敷ひとつに入るだけの衣類、狩りをするためのやりなどのほんの少しの道具。
保存食のバオバブの実。

そんなものだけでした。
移動しながら生活する種族は常に身軽。
なんともシンプル。

年齢は?と聞くとそんなものない。
カレンダーもないそうで。

わかっていればいいのは今日のことぐらい。
お日様やお月さまと共に過ごす。
考えたとしても明日、あさってのことくらいの言葉しかないみたい。

先のさきの未来のことなんて考えない
まさに今、その瞬間を生きる人たち。

自然と調和し、その日いただいたものは
みんなでシェアする。

なんにも心配なことがないというその暮らしは
心豊かなじかんでした。

引っ越しをするときに君たちは何をもってくんだい?
そう聞かれて、

冷蔵庫、洗濯機、衣類でしょ~と
あれこれ俳優さんが答えていると。

そんなにたくさん?とびっくりされて。
いったいどうやって全部背負っていくんだい?と質問が。

物なんかたくさんなくても何にも問題ないよ~。
朗らかに笑う人たち。

その国、その土地の常識。
グローバルな視点で物事をとらえるって本当に大事。

わたしに本当に必要なもの。
適量はどれくらい?

そんなことをまた究極のシンプルライフから
教えてもらう機会でした。

実にいろんな形でメッセージはくるもので
おおいに楽しみたいと思います。

そういえば昨日リサイクルショップへ向かう時に
9999のナンバープレートの後に
223が来て

あ~今日を境に退職をすることで
今までのステージは終了ってことねぇと。
本当に私にわかりやすい形でいつでもサイン待ってますと
告げてあるので
受けとるのが楽しいものです。

今日もどんな気づきと出愛が待っているのか
楽しもう~っと。
[PR]
by tomomoon27 | 2012-02-24 09:23 | 思うこと 感じること
<< ありがとう ありがとう かぼちゃのスープ >>