<   2012年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

関西 食の旅 ラストは待ってました smart coffeeさんでのモーニング

町屋を出て、歩きながら桜を愛でつつ朝の気持ちの良い空気を吸いながら
向かうところがありました。
e0238738_23491326.jpg
e0238738_23492656.jpg

本当に沖縄に行く前には桜をみることは今年は出来ないと思っていたのに。
願いは何も少なくしてあきらめなくてもいいものだと今回も思いました。
桜の開花がゆっくりだったこともあり、念願の関西でちょうど見ごろの桜にたくさん出会えて
ありがたかった。

午前中の新幹線に乗る前に行っておきたいところがある。

それはsmartコーヒーさんhttp://www.smartcoffee.jp/
そこでホットケーキやたまごサンド、フレンチトースト、プリンを堪能したいから。

オーソドックスなそのメニューがずっと愛されているのは
どんな味なのか?そしてどんな雰囲気なのか知りたかったから。

開店 一番乗り。
コーヒーの良いかおりがお出迎え。

わくわくしてひろみんと定番メニューたちを頼む。

私はその中でもヒットはたまごサンドとプリン。
卵の塩けとパンの間に挟まれたバター。パンの食感。最高だった。
e0238738_23444184.jpg

プリンも懐かしい味。昭和~なムード。
e0238738_23444767.jpg

あ~これぞ王道。最高だった。

ここでわたしは時間になったのでひろみんと別れて駅へ~。
新幹線に乗り沖縄から関西の旅をしみじみ振り返りながら
茅ヶ崎へ向かった~・・・

あ~振りかえるだけでもしあわせ。美味しい時間の数々。
そしてそこにはいつも美味しいねって言える人がそばにいて
存分に味わうことが出来た。
ありがとうね。ごちそうさまでした。
[PR]
by tomomoon27 | 2012-04-19 23:48 |

関西 食の旅  日本料理 魁(かい)へ

そしてこの日のラストはほとびるさんでご紹介いただいた
日本料理 魁さんです。

石橋駅から歩いて目指すお店に予約時間7時にちょうど到着。
カウンター席に。
目の前で板前さんたちの動きも見れて
わくわくどきどき。

ここでは写真に撮りたい気持ちもありましたが
ここは味わうことに徹して写真は一切とりませんでした。

写真撮ってもいいですよ。どうぞとおっしゃっていただきましたが
なんだかそういう気持ちにはなれなくて。
食べる。 感じる。味わうに集中。

ほとびるさんの女将さんの息子さんが笑顔でいてくれて。
ご主人さんと二人きりで切り盛りされています。

どこからお越しになったんですか~というつかみから
お料理をいただきながら
いろんなお話もして頂きました。

普段はカウンターびっしりでお忙しいらしいのですが、この日は貸切状態で
いろんなお話を聞くことが出来ました。

とにかく手間ひまかけたお料理の数々。
その完璧なまでの美しさ。

話しを聞けばきくほど、このご主人。
ただ者ではない。天才と呼ばれるのがわかります。
料理に対しての心意気。
どれだけ、本気なのかが
お料理から、そして在り方、話している姿、眼差しからも伝わってきました。
とにかく熱い、情熱は目力から伝わりました。

地道にこつこつ積み上げてきたもの。
日本食一筋にやってきたその道のり。

精神力、はんぱじゃないです。本当に恐れ入りました。

おせち料理の見本として
ご自身で創られたというミニチュアセット。紙粘土に彩色して
全部手作りというのですが、本当にとことん本物に近い
細かなつくりにただただびっくり。

若くして独立してこの地域にお店を持つこと
周囲からすぐにつぶれると言われても
ご主人は決して負けない。

お客様に育ててもらったと話されて。
お客様がご主人を盛りたてて、育てあげるために
他の一流料亭?の方に聞きにいったそうです。

そこで聞いてきたのはとにかく無理難題をご主人に出すことと言われたそうです。
それをいちいち断るようではきっと持たないと言われていたようですが。。。

もちろん、このご主人は全て引き受けてこたえたそうです。
たくさんの有名なお店から独立してお店を構えた方はいたそうですが
みんなつぶれていった。

その中で生き残っているのは
目の前にいるお客様に出来る限りのことを尽くしておもてなしをする心なのでしょう。


毎日日記を書いて記録もしているそうです。
久しぶりにお客様が来ても
すぐに記憶の中からその方のことを引っ張り出して会話出来るとのこと。

接客もしながら手元のお料理も完璧にだす。
どれだけのことにアンテナを張っていることが出来るのだろうと思います。

私たちも気がつけばけっこう、いろいろなことをご主人に話していました。
ご主人がすべてをさらけ出しているので
こちらもそういう気持ちになってきたのかもしれません。

不思議とそうやって惹きつける魅力があるのでしょうね。
皆さんそうやってご主人と話して元気をもらいにきている
そんな気がします。

ご主人の笑顔でしっかりと前を向いてお仕事をされている姿に
皆さん励まされるのではないかしら?

とにかく繊細で完璧なお料理にただただ脱帽。
言葉に出来ない美味しさ。本物の味でした。

これほどまでに手間ひま惜しまずに
お料理に愛情、情熱を込めている方に
じかに触れて味わえること。
お話を聞けたこと。

本当に感謝です。

この日はいろんなその道のプロの方に出愛
お話を聞けたこと。
いま考えても奇跡のようです。
まるで食のインタビューのお仕事でもさせてもらっているかのような旅でした。

きっとこのルートで回るぞ~!と
決めていたら出逢うことのない、味わうことのないことばかりだったように思います。

多くを決め過ぎず、ざくっとテーマを頭に描きながら
後は必要な情報や人、全てが入ってくるように
おまかせしていたことで。このようなギフトは予想以上にいただいたように思います。

そして、それは何と言っても一緒に
旅をすることが出来たひろみんのおかげ様も大きいです。

本当にありがとう。

まんぷくになってこのまま京都の町屋さんに直行しておやすみなさいでした。
[PR]
by tomomoon27 | 2012-04-19 23:02 |

関西 食の旅 くるみの木さんへ

そして次はくるみの木さん
http://www.kuruminoki.co.jp/kuruminoki.html

まさか一日でこんなにも回れるなんて思っていなかった。
いま 思い出してこうしてみるだけでもよくこれだけの素晴らしいところを一日でまわれたものだと
びっくりするくらいの完璧な最高の食の旅。
さっすがひろみん。冴えてたなぁ。感謝。

もう、ここのサービス。
店内の雰囲気。
そして何よりも美味しいメニューの数々。
最高だった。

しあわせ過ぎる。近くにあってほしいカフェ。

ケーキをぺろっとたいらげて
このあとじゃこチーズトーストの美味しさったらもう。
あ~また食べたい。
e0238738_22412662.jpg
e0238738_2241403.jpg

雑貨屋さんも最高な品ぞろえでもうどこもかしこもはまる。
e0238738_22422897.jpg


このお店を立ち上げた方もカフェの先がけで
読んでいるだけでぞくぞくしちゃった。
よく一主婦がここまで立ち上げて持続させたなぁと
本当にその人のやる気、本気ってすごい。

すくっとしっかり立っている。
かっこいいのだ。
[PR]
by tomomoon27 | 2012-04-19 22:42 |

関西 食の旅 薬師寺へ

沖縄で薬師如来の写真をみて
その美しいお顔に惹かれて
見に行きたい!そう思ったけれど...
そちらはまた次回改めて行くことにして

今回は奈良の薬師寺へ行くことに。

お薬師巡りも素敵なものだ。

やっと辿りついたところで荷物を預かってもらい、
ゆっくり中を巡る。

心静かに手を合わせて祈る姿は
やっぱり美しい。
お香のかおりも落ち着くから好きだ。

じっくり堪能して
お茶屋さんを発見。
お抹茶とお菓子
美味しかったなぁ。
e0238738_2216515.jpg

日本の素晴らしさ。日本人に生まれてよかった。

もっと日本の素晴らしいところ知りたいなぁ。
知らないところはいっぱいあるんだもの。
[PR]
by tomomoon27 | 2012-04-19 22:21 |

関西 食の旅 奈良を満喫~ミアズブレッドさん そして たんぽぽ

雨降りの翌日は晴天。

お腹もいっぱいになって出発。
今日の夕食はすぐに連絡先を教えていただき予約をして。

一日奈良を満喫してから大阪へ行くプラン。

奈良は修学旅行以来わたしは初めて。
ここは奈良に詳しいひろみんのプランにおまかせ。

たくさん予定は詰め込まず、その時々を満喫することに。

目指すは薬師寺。
そして向かっているうちに美味しいパン屋さんに先に寄ることに。
ミアズ・ブレッドさん。
こちらの方のプロフィールも最高。このスタンス大好き
http://miasbread.com/profile/genten.htm
駅からてくてく歩く。
地図でざっと見ると近くに見えて結構歩いたみたい。
巻まきパンがどこにもない形で可愛かったので購入。

おみやげに番号札をもらって買う。
店内は本当にこじんまりしているの。
ハワイ~なゆるやかさと自由がそこにあった。

大地を感じるこの地でのパン作り。
最高だろうなぁ。
遠くても足を運びたくなるの。わかる。
とってものびやかで自由。アートなパンだった。

パンを買う時に店長さんから受け取る。
うん、言葉にしなくても伝わるかっこよさがあった。

待つ間、ベーグルサンドをいただく。
優しい味だった。
e0238738_21431162.jpg


駅までの帰り道。平城宮の前にある気になるゾーンへ。
何ここ?

ちょっと中に入ってみたい。
そういう気持ちになって
少しおじゃましま~す。
お日様を存分に浴びてからだをひっくり返して甲羅干し。
あ~気持ちいい。
二人しばらく お休みなさい。
e0238738_21454429.jpg
e0238738_21455928.jpg

たんぽぽをみていたら保育士を目指していた短大の頃
先生から教わった大好きな歌がうたいたくなって口ずさんだ。

♪たんぽぽは たんぽぽは
      おひさまのこどもです

 ゆうがたに おめめをとじて
             ねむります

 あさがきて あさがきて
      おひさまがおこすまで
[PR]
by tomomoon27 | 2012-04-19 21:47 |

関西 食の旅 お宿は ほとびるさんへ

そう。その素敵な宿はほとびる さん。 潤とかいてほとびると読むそうです。
http://hotobil.com/

宿に到着すると2階へ案内されて、
部屋にはこたつが~。
私たちは冷えた身体をそこであたためてもう一気にリラックス。
手作りのマーマレードと胡桃の砂糖がけがそこには添えられていて。
なんともあったかい空間を醸し出している。

お茶を入れてちょっと横にごろんとしたら。
もう、ひろみんは夢の中~。(笑)
早いのなんの。(笑)

私はびしょぬれの荷物の中身を干したり
お風呂を入れてあったまって。

お布団に入ってお休みなさ=いでした。

そして朝、お料理教室もされている素敵なおかみさんだということもあって
私たちは朝食も頼んでいた。

そしたらまぁ大正解。
手間ひまかけて作っていただいたお料理の数々~に大興奮。
素敵~美味しそう~。
e0238738_20562639.jpg
e0238738_20565636.jpg
e0238738_20572129.jpg

感激して食べている私たち。
パンだって生ハムだって、いちごと名前忘れちゃったけど貴重なフルーツのコンフィチュール。
ジャムとは呼べない上品な甘さでね。美味しかった。苺もまるごとだし。

時間があればねぇ~とおかみさん。
これからこの後お料理教室だとおっしゃっていました。

あれよあれよといろんなお話になって。
そうしてエジプトのお友達から送ってもらっているドライフルーツも出してもらって。
奈良の大きくて甘いいちごもデザートにと。
e0238738_21104259.jpg
e0238738_2111564.jpg

笑顔が素敵なおかみさんの足立 美栄子さん。

聞けばここの宿はここ最近オープンしたばかりという。
それまではお店をやっていて。
ある時玉ねぎばっかり20個近く剥いていて。ふと私なにやっているんだろう?って思ったそう。
このままずっとここでこうやっていていいのだろうか?と考えた時に
方向転換することを選んだという。

いまは自分のペースで好きなことを存分に楽しみながら
お仕事されているんだろうなぁ。
そんなことを感じる笑顔でした。

そしてお料理はどこかで習ったことはないという。
まぁ~聞けばきくほど興味深い。
でもそれがかえっていいのだということもわかる。
本当にお料理すること食べることが大好きなのが伝わる。

ゆにわさんにしてもほとびるさんにしても
今回出逢う方たちはその道を目指して
いわゆる食の王道のような道を歩まれていない方ばかり。

私たちにまさにぴったりな方たちとの出愛の始まりだった。
いろんな話をしているうちにあっという間に時間は過ぎて。

そうしているうちに関西で美味しい精進料理なんて
教えてもらえればなぁと思ったら。。。


息子さんが日本料理やさんで働いているという。
それもいまどき珍しい全部 すべてを二人のお料理人の方たちで
下ごしらえしているという。

一切出来たものは使っていない。すべて手作り。
それだけ、手間暇かけたものであるにも関わらず
お値段はお手頃。

ほっんとうに美味しい~ですよっ。
その力の入った言葉に私たちはそこに行こう!
この日の夕食だけはそこに行くことに決定した。

そこは大阪。
またしても京都は遠のいていった。(笑)

あたたかい笑顔とおもてなしで
本当にまたここを訪れたくなるお宿。
町屋初体験でした。
わんちゃんのきりまるくんだっけなぁ。可愛かった。
e0238738_21205856.jpg

二人の素敵なツーショット・はい。ポーズ。
e0238738_21212414.jpg

e0238738_2122846.jpg

宿の外観はこんな感じです。
e0238738_21224015.jpg
e0238738_2123366.jpg

[PR]
by tomomoon27 | 2012-04-19 20:57 |

関西 食の旅 お宿はどこに~

あ~最高の食の旅スタート。
うきうきるんるん。
何と言っても、ゆにわさんに行くしか決めていないで集合した二人。
逢って話しながら、行き先は決めていけばいいかなぁ~と思っていた。
お互いに行きたいところのポイントを行って
二人で行きたいところが一致すれば行くもよし。
別行動して途中合流もよし。
お互いに話しをして決めていった。こういう関係もすごく助かる。
結局みんなが行くところと反対のところに行こう!ということに。
みんは京都へ行くだろうというところ
私たちはまずは彼女のお勧めの奈良方面を目指すことになった。
そうとなればまずは駅に戻ろう~。とゆにわさんを出発。

それにしても、本当にこの日はすごい雨だった~
レインコートを着て、折り畳みの傘では到底太刀打ちできずな状況。

背負っていたリュックはびっしょり。
でもさっきゆにわさんで買った本は守らなければ~と
くずはモールで荷物の整理をしていたら・・・・・・・・

あれれ~っ一緒に買ったはずのマコモがない。。。
お店に連絡して取りに行くことに。
またびしょぬれだけど。
興奮していて確認してなかった私。
グランディングしなくちゃ(笑)

そうしてまたお店へ向かってさっきのお兄さんとまたご対面。

お互いにすみません・ありがとうとご挨拶。
そうしたらお店のもう一つ食べてみたかったガレットを二つ。ひろみんの分まで手渡してくれた。
ありがとう~。こういう心づかいにまた感謝。

そして待たせていたひろみんと合流。
あまりにびちょぬれな私。
着替えてみる。沖縄帰りだから薄着で困ったなぁというところ。
モールで洋服をみて少し購入するけど、春ものでちょっと寒い時に必要なものは見当たらない。
妥協して物を買うことも躊躇するわたし。

そこへひろみんがさっとタートルのセーターとストールを
風邪ひくといけないからと手渡してくれた。

彼女はしっかり防寒着も用意していて、身軽でなんとも準備が良い。
そんな彼女の優しさに甘えて借りることに。
カッコいいわぁ=とほれぼれ。
旅慣れている人はやっぱり違うわぁ。

そんなもたもたしている私の代わりに。
ひろみんは
宿を検索してくれて 何とも頼もしい。

私も一応、沖縄を出る時にせっかく関西に行くのなら
町屋をいま宿に開放しているところもあるみたいと
関西出身のKから聞いていて、
ネットで調べたけれど、目が痛くなってしまって。
これ以上は無理=な状態だった。そうして調べることは中断したままだった。

得意なことでお互い力を発揮出来たら最高。

本当に上手くそういったところでは出来ているもので
私が苦手なところは彼女がめきめき力を発揮してくれるから
ありがたい。

すっかり私は着替えて、あったかい格好になったところで
ひろみんは今日の素敵な予感の宿を調べて予約してくれた。
お料理教室もやっていたり、なんだか素敵なところみたい。
彼女の直感におまかせ。
e0238738_20592213.jpg

この日は奈良を目指して行くことに専念。

夜ご飯のじかんになり、お腹もいい感じに空いて。
宿は素泊まりにしておいたので夕食を食べることに。
どこの駅だったか忘れたけど、
地元の人たちが行きつけな感じの鉄板焼きのお店に。

生ビールで乾杯して
お好み焼き、いか焼き、あと何だったかなぁ。
とにかく粉物天国を味わった。
e0238738_2059559.jpg

そうして宿に辿りついたのでした。
こちらのまたお宿が最高でした。

おかみさんの笑顔に出迎えられて
ほっとする私たち。
親戚のお家におじゃましま=すというようなくつろぎのスペースが待っていました。
長くなったので、続きはこの次にします。
[PR]
by tomomoon27 | 2012-04-19 20:46 |

関西 食の旅 二日目は ゆにわさんへ

樟葉駅でひろみんと待ち合わせ。

今日で出逢って2回目。
行くまで関西の言葉を聞きながらわたしは不思議な気持ちだった。

日本って面白い国だなぁ。
沖縄という国から関西という国に降り立った宇宙人のような感覚で
景色や言葉、その土地をゆらゆら電車に揺られながら感じていた。

そうしてひろみんと合流。
旅慣れた人なんだなぁ。その装い、荷物の身軽さでわかった。
こうして旅をしながら彼女を知っていくのって面白い。

雨がじゃんじゃん降る中
わたしたちは御食事 ゆにわさん
http://uni-wa.com/を目指した。

ずっと尽きることがなく会話をしながら
まっすぐ手書きの地図を見ながら歩いた。
するとあれ~通り過ぎている。
また戻る。

もしかしてあれ~?
向かいにお店の看板が見える。

うわぁ~普通。と二人顔を見合わせる。
その二人が顔を見合わせて感じたことは一緒だった。
e0238738_18445878.jpg

ふつうでいいねぇ~だった。
だってさぁ~団地の中ふつうの住宅地の中だよ。あそこ!。

あまりにも普通なところ写メしちゃおうということに(笑)

やっぱりこうやってみんなの生活の中に馴染んでいるのがいいよねぇ~。奇をてらってなくて。
ちょうどお店の開店5分前くらい。
みるとお店のドアが開き、あれはきっと店長さんじゃない。
わたしたちはもうすっかりミーハーでうきうきしていた。

店長さんが察して声をかけて
開店じかん少し前だけど
にっこり笑顔で中へどうぞ!と声をかけてもらった。

中へ入ると、気持ち良い~。
とっても整っているのを感じた。

神社の中にいるみたい。
御簾や店内の音、雅楽?
清んでいて 心地よい気に満ちていて。。。
うわぁ~~~~。

二人で感激して席に着く。

丁寧に男性のスタッフさんが対応してくれて。
至るところに心配りをしようという姿勢が伝わる。
あれこれ感激しているわたしたちに丁寧にいろいろ教えてくれる。
ありがたい。

最初にお白湯が出できた。
そのまろやかで甘いこと。びっくりする。

そうしてお昼のプレートが出てくるまでの間。
またきょろきょろ。

なんとおにぎりが3段重の中にあって。

おかわり自由ですとのこと。おにぎりのお代わり自由って。思わず突っ込みたくなる驚き。

そのおにぎりは
いのちのおにぎり と言われていて。

それはそれは神々しくつやつやに光っていた。
とっても美しいのです。
e0238738_18514316.jpg

もう、これは言葉では説明出来ない、したくないです(笑)
是非とも食べてもらいたい。食べさせたい人の顔が浮かびます。(笑)
目をつぶって一口味わうごとにうxc、。。もうかみしめ中で
わたしたちは存分に味わって うなっていました。

そしてかぼちゃのスープ。
これは写メする間もなくいただきました。

何しろどれも適量 本当にその加減を心得ているのがわかって。
あ~絶妙でした。

そして待ちに待った
お昼のプレートがやってきました。
光ってます。どの子も本当に大切にされて
最高の状態に仕上げて出てきたのがわかる。どの子も愛されているなぁ~というのが
これほど伝わるなんてことあるかしら?って思いました。
e0238738_18562731.jpg


何度も目をつむって味わい あじわい。
目の前にいるひろみんもそんな状態だったから
お互いこころおきなく堪能しました。

素材も本当にこだわっていて、手間暇かけてもらっているのがわかるそんな味のオンパレード。

そしてデザートも。
わたしはプリン・アラモード。

はい、出てきたのはこれです。あ~そう来ましたねぇ。
うわあ~これも大好き。
優しい~。美味しい。
もう、わたしたち二人は一番叫んでいたのではないかしら?(笑)
だって美味しすぎるんだもの。
思ったとおり、いえ思った以上にね。
e0238738_18594038.jpg

e0238738_1973657.jpg

バニラアイスも朝つくりたてだっていうし。

こんなお店が近くにあったら毎日でも通いたい。
本当にいいなぁ。そんなお店なのです。
遠くてもまた食べに行きたくなる。
いま思い出しただけでも、食べたくてしょうがないもの。

結局オープンから3時まで居てしまって
気づけば店内はわたしたちだけになってました。

丁寧な対応をしてくれていたお兄さん。
そして気づけば店長のちこさんもいて。
本当に若いスタッフさんの心意気が気持ちいい。

本気で心をこめてこのお店をやっているのが伝わって
ついつい言葉にして熱く語って、そして質問もしていたのでした。

後半はちこさんとお話が出来て。
いろんな思いが伝わって感動していました。

今回樟葉駅で合流して出逢って2回目というわたしたちにも
びっくりされていたようですが、
本当にここを目指してこの旅は素晴らしいスタートがきれたことに感謝でした。

心もからだも魂もすっかり満たされて
なんだかこんなしあわせなことってあるのねぇ~とわたしたちはうきうきお店を後にしました。

記念に写真も撮ってもらって
わたしが興奮していたのがわかる~(笑)
e0238738_197713.jpg

このちこさんの笑顔がまたいいのよねぇ~。彼女の笑顔を見に行こう!それも大きな決めてだった。
この笑顔にひきつけられちゃうよね。
でも実際に逢うとその笑顔と共に凛とした在り方がかっこよくて。
なんだかその気持ち良さは逢ってみないとわからなかった。
さすが店長。みんなの司令塔であるのがわかる。

ひろみんは怒ることあるんですか?って聞くと。

ありますよ~それは。
スタッフには気を使うことないですねと。きっぱり。
それだけ信頼関係が出来ているからこその言葉。
きちんと必要だと思う時には遠慮なく言葉にしている彼女の在り方が垣間見えて。
う~~ん。素敵。若いけど、半端ない志。
ここを守り、続けていくことを徹底してやっているその姿がまぶしかった。

あ~またすぐにでも食べたい~。

素晴らしい場所を教えてくれて そして共にいてくれてありがとう。ひろみん。
[PR]
by tomomoon27 | 2012-04-19 18:45 |

関西 食の旅はじまり はじまり~

葉山での素晴らしい食じかんを共にしたひろみさん。
そう その時はそう呼んでいたけれど
なんだかいまひとつぴったり来ない。

私は親しくなる人にあだ名をつける癖がある。
その人らしい名前 その人が呼ぶたびに喜ぶ名前がいいなぁと思うから。

沖縄に行く前のその葉山でのじかん
食の話しを尽きることなく話していると
彼女が何冊か本を取り出した。

私はさぁ~っとフォトリーディングして
彼女がどこに惹かれるのかに耳をすまして
目でさ~っとみるだけにとどめておいた。
というのはあまり情報をたくさん入れておかない方が良いと感じていたから。

ある本を見て彼女の話しを聞いた時、
あ~ここに行ってみたい。
そういうお店が出てきた。

私の目指す食に通じるものが詰まっている。
ここで実際にこの場を感じ、食べてみたい。
そして店長さんに逢ってみたい!。
そう思った。
あ=ここ。行こうっと!決定!!

ともこさんじゃぁ=行ったら感想ぜひ聞かせて下さい。

うん、いいよ。

・・・・・・・・・・

ねぇ~良かったら一緒に行かない?

わたしはすぐにそう口にしていた。

もちろん一人で行くことは決まっている。
でも、こうして紹介してもらった人
それもこれだけ紹介するくらいに好きなら
行った後で話しをするなんてもったいない。
出来れば一緒にその感動を体験したい。そう思ったから。

彼女はうん。そう答えてくれた。
よ~し。それは楽しみ。
沖縄の終える日程だけを告げて別れた。

このところずっとなんだか関西にとても
惹かれて行きたいという思いがずっとあった。
なんだかわからないけど、関西で食の旅をすることは
私のこれからの大きな原点になる。
そんな予感があった。

なぜだか沖縄から関西空港経由で帰ろう~ということに実はしていた。
予約をしたときは京都で桜なんて素敵~ぐらいにしか考えていなかったけど
きっと行くまでのプロセスで行くところは面白いぐらいに決まっている
そんな予感もあったので。

楽しみに待っていた。
旅に出る前に友だちから借りた雑誌にも行きたい喫茶店は載っていて。
ポイントだけは押さえているくらいだった。

さ~沖縄に行っている最中は沖縄での日程
プロセスをおおいに楽しみ
彼女のことはこの逢っていない間のプロセスはいろいろあるだろうなぁと感じていた。

約束はしたけれど、あれから気持ちはどうかなぁ~?
きっと直前にした方が良さそう。
そう思っていた。

その頃には名前も決定!
うん。ひろみん♪
語尾がちょっと上り気味な方が良い。
だんだんぴったりなじんでくるぞ~。そう思っていた。

関西初日は沖縄を共にしたKの実家(大阪)に泊めてもらい

お母さんから家以外の外で食べること禁止令が出ているという
美味しいお好み焼きをいただいて
e0238738_18253081.jpg

あ~家庭の味をいただけるなんて最高!
粉物天国のぜいたくな時間を過ごした。
ありがとう~K家族!
上にかける海苔は青のリではないなんて新鮮。
確かにこっちの方がさらに美味しいもんね。
人参とか玉ねぎとかもすりおろしてあるんだって。
お母さんがこれまでにいろいろ研究して辿りついた味というのがわかる。
あったかい味。

まんぷくなところでひろみんに連絡。
すると
やっぱり直前までいろいろなプロセスにあったみたいだけど、
予定が2日急に空いたということで
大阪で待ち合わせることになった。

まだ出逢って2回目だけど、そんな感じがしない。
不思議なまたご縁で。

翌日Kの実家を後にしてひろみんと待ち合わせることになった。
[PR]
by tomomoon27 | 2012-04-19 18:27 |

久高島での最終日

最終日朝日を今日こそは~と海に向かって
曇り空だっだけど
それがまたよかった。

この世で起きていること。どの視点から観ますか。とらえますか?
そんなことを教えてくれる。自然って素晴らしい。
海が2層にきっぱりと分かれていて。大切なことを伝えてくれた。ありがとう。
e0238738_1104815.jpg


こやどのTは中学一年生。入学式だと言う。
米粉のシフォンケーキにろうそくをつけてお祝いにと焼いて。
バナナチップをのせてプレゼント。昨日ラッピングしたお菓子にお手紙も添えて
e0238738_1164951.jpg


お昼はけいさんのところで
海ぶどう丼を たらふく食べて満足~
e0238738_1182810.jpg


アセロラ畑も案内してもらい アセロラの女神さまにもご挨拶して
e0238738_1193162.jpg

e0238738_1195420.jpg

一つだけなっていた実をKは食べることも出来てラッキー
今年みんなが楽しみに待ってますよ~。美味しい実をた~くさんつけてねぇ。

そうして島でのじかんはあっという間に過ぎて行ったのでしたぁ~。
ありがとう。。。

翌日また波の上宮でお礼参りして
空が美しかった。
e0238738_2121072.jpg
e0238738_2123244.jpg
e0238738_2124917.jpg

[PR]
by tomomoon27 | 2012-04-18 01:11 |