人気ブログランキング |

2012年 08月 29日 ( 1 )

こころゆくまで  葉山でリトリート その③朝の部

さてさて明け方に眠って、また起きておはよう~。

美味しい楽しい時間が待っているんですもの。
身体は短時間でもしゃっきり楽しみに目覚めました。
みんなは短時間で深い睡眠をとれたと言っていたけれど
私は遠足の子ども状態だったんだと思う。
興奮が勝ってちょっと意識がありながら目覚めた。(笑)

朝からひろみんの本棚から借りた本をめくり
読書なんてしちゃったり
お布団の上でごろごろしながらね。

奈良のくるみの木のオーナーが素敵な場所と巡り合って
専業主婦だった彼女がお店を開店するまでのストーリー。

「それでも私は夢を見た」
生き方として大事にしていること。
夢を持ち続ける力。実現していく信念。
やっぱり素敵だった。春に訪れたくるみの木で
ビビビッっとしびれる場所を思い出した。

何か強烈に感動したり、感銘を受けると身体の後ろの方が反応するあの感じ。
とにかく素敵な空間を生み出していたあの地が懐かしい。
人が本気で心を込めて作りだすものって本当に素晴らしい。
人の心に響き、とらえていくその力ってものは
ずっとずっと残っていく。その余韻が好き。

熱い愛のある情熱に私はとっても弱いのだ。
ずきゅーんとハートを射ぬかれてしまう。

さてさてそんな感動を残したまま
みんなとおはよう。

海に行きたいなぁなんて思って、水着やら用意をしていたから
午前中にいこうっかぁなんて言っていたんだけど。。。

気づいたら、結局話しに花が咲き、朝ごはんを用意してくれているひろみんの
台所での様子に見惚れているうちに
海へ行くことは自然消滅(笑)

さぁ~スムージーが出来たよ~の声に
わ~~い♪
e0238738_2143285.jpg

まぁハートが可愛いではないですかぁ。あ~女子だわぁ。とまた嬉しくなる。
続いて焼きたてのフォカッチャを用意しているではないですか。
その工程を見るのも嬉しい。

お料理生ライブショーは最高です。
話しながら、職人の顔でポイントはしっかりのがさず集中するその姿。
またなんともその横顔や背中が美しいのです。
ちょっとあまりにも神々しくて、そして美しくて、セクシー過ぎるので
アップしたいところだけど、ここは控えておきます。(笑)
さ~ではフォカッチャの2種類を
工程とともにアップ。冷蔵庫でじっくり発酵させておいた生地を朝取り出し
伸ばします。指でぷすぷすっとリズムよく穴をあけて。楽しそう♪
e0238738_218971.jpg

一つは玉ねぎをのせて。タイムもね。
e0238738_219246.jpg
e0238738_2193679.jpg
e0238738_2194950.jpg

出来た~
e0238738_21114611.jpg

熱々をいただきま~す。興奮する私たちはもう、想像出来るでしょ。(笑)
e0238738_21122033.jpg

もう一つはオリーブバージョン。まぁこちらも美しい焼き色ではないですか。
e0238738_2112556.jpg

オリーブオイルをたらり。美しく光輝く様子をご覧くださいませ。粒感があるお塩もポイントに効いています。
e0238738_2113535.jpg

きらきら可愛い~美しい。とまたしても大興奮は言うまでもありません。(笑)
e0238738_21135967.jpg

パンを用意しているけど、ごはんも食べる~?
うん。うん。ひろみんにお任せします。
私たちはにこにこ楽しみに待つばかり。

納豆食べる?うんと答えたら
なんとこんな感じで
納豆がドレスアップしている。美しい。
e0238738_2117556.jpg

どんどん品数は増えていくばかり。
e0238738_21174023.jpg
e0238738_2118390.jpg

e0238738_21183526.jpg

キャー昨日のホタテちゃんがひと晩たって味が染み込んでまた美味しい。
朝はパクチーのせでまた違う味に。
e0238738_21192439.jpg

このじゃがいもの皮のきんぴらがまた絶妙。ひろみんのお母さんが作ったお野菜で無農薬だからと
厚めにむいた皮をこうして活かすのも最高。
じゃがいもの何とも言えないあの香りと味が凝縮されていて美味しいの。
e0238738_21194230.jpg

お味噌汁は2種類のお味噌ブレンドで。
また背筋がシャンとなるきりっとした味。こちらもひろみんそのものだった。
e0238738_21314943.jpg

もうたらふくいただいておなかいっぱい。
夢中で食べて
夢中でしゃべって。

途中お昼寝までして
あっという間に
でもとっても
濃いじかんは過ぎていくのでした。

一緒に過ごしたじかんは
いろんな作用が働いて
深いところで響き愛、ほどけてそして満たされて。
そんな循環をしていたように思う。

大事な目にはみえないものがいろいろと働いて。
私たちは話し、食べて寝るという日常の中で。
当り前に一見みえるこの日常の中で
でもどこか大切なものにフォーカスをして。

このいま、ここにしかないものを確実に味わって
かけがえのない瞬間を感謝しながら大切に集っていた。

私たちだけぽっかり別空間にいたようなそんな感覚の中で終わる頃は
また不思議な感覚だった。

そうして電車に揺られて
また私たち3人はそれぞれの日常へ
それぞれに与えられた道へ帰っていって・・・

今もまだずっとその素晴らしい余韻に浸りながら。。。
このつながりに感謝して。

またここからスタートする力強く
でも軽やかな新しい始まりにわくわくして。

次回顔を合わせる時までの
じかんを楽しみに解散したのでした。

素晴らしいじかんに感謝。
by tomomoon27 | 2012-08-29 21:26 | 嬉しかったこと・ありがとう